森の中の水族館。ロゴ.jpg
透明度の高い富士の湧水をつかった
淡水魚専門水族館。


menu_1.gifmenu_2.gifmenu_3.gifmenu_4.gifmenu_5.gif

ニジマス大.JPG


新展示「ワカサギ」

 水族館1館深みの魚水槽と岸辺の魚水槽に「ワカサギ」が新しく仲間入りしました。ワカサギは冬から春になると、産卵する為に群れになって浅瀬に集まってきます。卵は1匹のメスが1,000~2万粒も産むと言われていて、水草や石などにくっつきます。産卵すると死んでしまう年魚(寿命が約1年の魚)と言われているので、今が最盛期のワカサギたちをご覧ください。

ワカサギ.JPG深みの魚水槽.JPG

協力:河口湖漁業協同組合

ページトップへ

「富士の介」がやってきた!

 キングサーモンとニジマスを掛け合わせた山梨県の新たなブランド魚「富士の介(ふじのすけ)」を展示しています。
場所:水族館1階企画コーナー
※魚の状態により展示を中止する場合もございます
冨士の介2.JPG

ページトップへ