透明度の高い富士の湧水をつかった
淡水魚専門水族館。

横見水槽


 横見水槽という名前の通り、一面に広がる大きなガラス窓から水族館の外にある池の中をのぞくことができます。体長1mを超す「ソウギョ」や「チョウザメ」など約20種300匹の魚が泳いでいる姿を眺めていると時間が経つのも忘れてしまいます。池の向こうには森が広がっていて、まるで森の中で水中にいるような不思議な感覚を楽しめます。寝転んで見ることもできます。
 また、初夏に見られる約8,000匹のアユたちが群れで泳ぐ姿も圧巻です。